玄箱Pro、直します。

超初心者が、玄箱PROでLinuxを勉強する無謀なブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

CPUの創りかた


表紙や中身のカットはおよそタイトルと似つかわしくないものですが、「とにかくCPUの原理を知りたい」という方にはうってつけの良書です。
実際にCPUを作ってしまうこともできるようですが、私には意味がないので作ってはいません(笑)。

作ろうとしているCPUは4bitの処理能力を持つ最弱のCPUですが、レジスタ、プログラムカウンタ、ALU、ROM、インストラクションデコーダなどの基本的な理解には十分すぎる内容です。
5回ほど通して読んでやっと理解できたと思います。

もちろん、販売されているCPUとは比較にもなりませんし、この本で玄箱PROのARMを知ることは不可能です。
とにかく私のように「コンピュータが知りたい」という初心者向けです。
くれぐれも、玄箱PROとは関係ありません(笑)。
「パイプライン」や「ハーバードアーキテクチャー」などには触れられていませんし・・・。

「アドレス空間」とか「処理bit」とか、コンピュータに触れていると耳に入ってくる基本用語の意味、動作を知りたい、という方、ぜひご一読ください。
スポンサーサイト
別窓 | オススメの本 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

玄箱PROで遊ぼう!!


オビが

玄箱PROフリークに好評の

sushi-k版Debian

開発からインストールまで徹底解説


とあって書店ですぐに目にとまりました。そして速攻で買いました(笑)。

第一部「基礎編」取扱説明書なしがウリの玄箱PROに最高の取扱説明書を!!
第二部「活用編」小型で軽快なオペレーティングシステムに重量級の処理を!!
第三部「応用編」無機質なハードウェアにDebraとIanの愛情物語を!!

の三部構成で、ネットなどでもっとも情報があふれるいわゆる「Debian化」は第三部で初めて触れられる扱いで、ここが私にとって非常に満足したポイントです。
第二部「活用編」では標準ファーム、もしくは開発環境を駆使してiTunesサーバやメディアサーバをビルドしています。
私のようなLinux素人には格好の教材です。

玄箱PROの構成部品の詳細を網羅し、電子工作の面からも興味をそそる説明も豊富です。
なんだかいかにも「sushi-kさんの本」って印象でした。

いやー、とにかく飽きない文体です。
笑っちゃったのが

JTAGはデバッガを接続してCPUの動作を監視するためのインターフェースで、スルーホールはメインボードの88F5182のすぐ近くにある。88F5182に適合するデバッガをもっていたら、その挙動がわかるから、玄箱PROの解析に威力を発揮する。もっていない人は、買って解析するより、解析しなくても使えるコンピューターを買った方が安くあがる。


とか

今が幸せなら、過去を詮索してはならない。


というような「余計な一言」のオンパレードです(笑)。

・Linux初心者なのに勢いで玄箱PROを買っちゃった
・ネットの情報でDebian化したけどこれから何をすればいいのかわからない
・玄箱PROの電子部品を隅々まで理解したい

というような方々に超おすすめです。
別窓 | オススメの本 | コメント:4 | トラックバック:2
∧top | under∨

ハックキットで夢のDebian GNU/Linuxサーバー 玄箱PROをハックしよう!


有名なLinkStation/玄箱をハックしようというサイトを運営されている方が書かれたものです。
この玄箱ハックシリーズは有名らしく、待ち望まれた今回の「Pro版」が発刊されました。
まさに私が今やっていることがこの本のテーマなので、早速入手しました。

端的に言うと「Debian化やPodcastをすぐにでもやりたい!」という人向けです。CD-ROMには必要なキットが入っていますし、本の中で導入の仕方も説明されています。
前述のサイトの要約的な意味もあり、手元に置いておくのも悪くないかと・・。

ただ、ターゲットがよくわかりません。
初心者を対象にしていない、という向きの注意書きが巻頭にはあるのですが、初心者でなければこの本の内容(の全てではありませんが大半)はすでにネット等で習得しているのでは?と素人の私は感じました。
内容の割合も、製品仕様書や本体付属の紙の説明書にあるものがかなり見受けられました。
初心者対象に絞って、もう少しコマンド類の説明や起動プロセス等の内部概要などがあった方が、特色も出て良かった気もします。
私が言うのもかなり僭越ですが(笑)。

「玄箱 初心者」というキーワードでここに来られる方も多いようなので、ひょっとしてそういう方が求めておられるのはこの本の内容かもしれません。
そういう方にオススメです。
別窓 | オススメの本 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

図解でわかるLinux環境設定のすべて


最初は「失敗したなぁ」と思った本です。
内容が初心者にはやや敷居が高く、とっつきにくい導入だったからです。
しかし、何回も何回も読んでいくうちに、「基本的な」Linuxの設定や起動過程が理解できてきたと思います。

初心者の方には絶対オススメです。
別窓 | オススメの本 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Linuxコマンドブック ビギナーズ


私のようなLinux初心者にはもってこいじゃなかろうか・・。
基本的なLinuxコマンドを、用例と解説で細かく紹介しています。
「ビギナーズ」とあるように、知っている人には無駄な買い物になるかと思いますが、「これからLinuxの勉強をするぞ!」という人にはうってつけ。

コマンドの動作確認環境は

Fedora Core 6
Ubuntu 6.06 LTS
Debian GNU/Linux 3.1r3
CentOS 4.4

だそうです。

オススメです。
別窓 | オススメの本 | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
| 玄箱Pro、直します。 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。