玄箱Pro、直します。

超初心者が、玄箱PROでLinuxを勉強する無謀なブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

勉強再開・・?

やっと工場出荷に戻しました。
もう何度目かわかりませんが・・・。

標準ファームの構成と開発用Linuxでのビルド練習を復活します。
楽しみでもありますが不安いっぱい。
スポンサーサイト
別窓 | 日記のようなもの | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

MediaTomb覚え書き

なんとか文字化けを解消。
一応のメモ。

まずはconfig.xmlに以下の赤文字を追記。

<import hidden-files="no">
<filesystem-charset>UTF-8</filesystem-charset>
<metadata-charset>CP932</metadata-charset>

<scripting script-charset="UTF-8">



当初、これだけで文字化けを解消できるかと思っていたんですが、どうもうまくいかない。
よくよく調べてみると、「WindowsのiTunesでCDを取り込んだmp3は化け、データで導入したmp3は化けない」という共通点を見つけた。

mp3のタグ情報についてググってみると、ID3タグには様々な設定があるようで、文字化けしないmp3はすべて「ID3v2.3+v1.1」となっていたのに対して、それ以外の設定のmp3はすべて化けた。
しかも同一のアーティストなのにもかかわらず、APX-300の「Artist」のくくりでばらつきがあった。
Windowsでこれらのmp3のタグを修正することに。
使用したソフトは「SuperTagEditor改 Plugin Version (Nightmare)」。

全体のmp3タグ情報をまず「標準mp3形式」に変換し、次に「ID3v2形式」に変換、そして「ID3v2バージョン」を「v2.3」に変換。
さらに「文字コード」を「UTF-8」にしてみたりした。

・・・・・直らねぇぇぇ(>_<)

もうホント、丸1日くらいずっと格闘していましたけど、なんか妙なことに気がついた。
MediaTombをリロードしても、データベースそのものに変更が加わっていない気がする・・。
いやいや、気のせいかもしれませんよ。
仕組みもわからない素人が偉そうなこと言っても仕方ないんですが、明らかに挙動が変な気がする。

調べてみると「sqlite」を使っているとのこと。
実はsqlite、よく知らないんです(笑)。
MySQLは仕事の関係で何度か触れてるんですが、sqliteは概念も何もわかりません。
テーブルの情報すらどうやって確認するのかわからない・・。

こうなったらMySQLにしちゃおうか。

ということで、

ひまにあ日記さん
玄箱をDLNAサーバーにする!(インストール編)

アメコロガシさん
MediaTombの設定メモ



を参考にしながらStorageDriverをMySQLに変更しました。
それほど難しくもなく、すんなりと(と言いながら2度ほどパスワード云々と言われMediaTombが起動できませんでしたが(笑))起動できました。

前回までのDatabaseを削除し、新たに追加し直すと・・。

で、できた~!!

今まで山のように文字化けのエラーがコンソールに流れていたのが嘘のように静まりかえって作業しています・・。
早速APX-300で確認してみると・・・完璧!
倖田來未の「來」、長渕剛の「渕」など、どうしても表示できない漢字も存在しますが、これは化けたというよりは仕様でしょうね。

これで何とかクリアしました。

以上、MediaTombの文字化け回避メモでした。

(2008.1.10追記)
この時点からの玄箱PROと今の状態(工場出荷状態)が違いすぎるため確認はしていませんが、たぶんMySQLは無関係ですね(笑)。
mp3タグを修正した後、おそらくsqliteで作成した「文字化けだらけのデータ」テーブルを削除し、再度構築すれば同じように直ると思います。
テーブル(データベース)を削除するのはMediaTomb設定のブラウザ画面からすぐできます。
再構築も同じ画面であっという間にできます・・・はぁ・・・。

別窓 | Debianで遊ぶ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

MediaTomb+APX-300

最近ですね、めっきり勉強をサボってまして(笑)。
ホント、LinuxがどうしたとかU-bootがどうとかまったく触れてない気がします。

と、言うのもある事情で玄箱PROを各種サーバに仕立てる都合がありまして、web、ftp、samba、ssh、daap、メールサーバを急遽動かしました。
そして一通り役目を終わり、もう元に戻してもいいのですが・・・daapを入れた際に一緒にHDDに放り込んだ2000曲近くのmp3を再度戻したりするのもめんどくさく。

この際玄箱PROをメディアサーバに仕立てちゃおうか、と呑気なこと言い出しました(笑)。

ひとまずiTunesサーバはソースからビルドすればDebian環境でも日本語の曲名表示も出来ますし、これといって難解な部分も少なくクリア。
でも玄箱PROの本領発揮といくならやっぱりネットワークオーディオだと思いますので、とりあえず買いました、長瀬産業TRANSTECHNOLOGY APX-300

apx300


あちこちサイトを見て回ったんですが、よくわかりませんです(笑)。
config.xml触ったら何とか日本語が表示されだしたので「まぁいいや」レベルでオッケー。
カミさんが台所で聞くための装置ですから、あまり液晶表示にこだわる必要もなかったので、モチベーションもまったく上がらず。

ま、6000円ならこんなものですかね・・。

all AUDIOでシャッフルかけておけば台所音楽ライフは十分です。
一応アルバムごと、アーティストごと、年代ごと、ジャンルごとそれぞれで絞って再生したりシャッフルしたりできるようですが、なにぶんにも日本語対応がまちまちなんですよね・・。
もちろん私のMediaTomb側の設定のせいでしょうけど。

同じ日本人アーティストなのに、文字化けするものとしないものがあるんです。
ぼちぼち調べます。
別窓 | Debianで遊ぶ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 玄箱Pro、直します。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。