玄箱Pro、直します。

超初心者が、玄箱PROでLinuxを勉強する無謀なブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

sushi-kさんのDebian化をtelnetでやってみよう

ちょっと突っ込んでみたくなりましたので、telnetでのDebian化に挑戦してみました。
telnetクライアントは「Tera Term Pro」です。
ずっとシリアルコンソールでの環境でしたから、久しぶりにtelnetでちょっと緊張しました(笑)。

以下、コンソールを交えての記録です。

sushi-kさんの紹介通りに進めると、まずは「BusyboxなtarをGNUなtarと入れ替える」作業ですが、前回やっちゃってますので、私はこれはパス。

2.

OABIなfsckでHDDを初期化すればOABIなカーネルでマウントできることが分ったので、OABIなmkfs.ext3を含むDebian化キットを作成しました(無保証)。

# wget http://w3.quake3.jp/sushi-k/pool/kuropro/debian/debian_kit.tar.gz [Enter]

# tar xvzpf debian_kit.tar.gz -C / [Enter]


ここから行きます。
wgetは使用せず、Windowsでダウンロードしたものを、ネットワーク上のmtd deviceに転送しました。
そして

~ # cd /mnt/mtd
/mnt/mtd # ls -l


と確認。

-rwxrw-rw- 1 nobody nogroup 0 Feb 8 17:07 ChangeMeDevHDD
-rwxrw-rw- 1 nobody nogroup 0 Feb 8 18:01 ChangeMyUbootEnv
-rwxrw-rw- 1 nobody nogroup 1154759 Jul 16 2007 debian_kit.tar.gz
-rwxrw-rw- 1 nobody nogroup 50483200 Jul 16 2007 hddrootfs.tar.gz
-rwxrw-rw- 1 nobody nogroup 1717540 Jul 16 2007 uImage.buffalo


このように指定のものはすべて揃いました。
次は「debian_kit.tar.gz」を展開します。

/mnt/mtd # tar xvzpf debian_kit.tar.gz -C /
bin/tar
sbin/mkfs.ext3
sbin/mkfs.ext3.Orig
usr/local/bin/InitDisk1.sh
usr/local/sbin/SetupDevEnv.sh
usr/oabi/
usr/oabi/libuuid.so.1.2
usr/oabi/libblkid.so.1
usr/oabi/libext2fs.so.2.4
usr/oabi/libcom_err.so.2
usr/oabi/libgcc_s.so.1
usr/oabi/ld-2.3.6.so
usr/oabi/libdevmapper.so.1.02
usr/oabi/libselinux.so.1
usr/oabi/libcom_err.so.2.1
usr/oabi/libuuid.so.1
usr/oabi/libpthread-0.1
usr/oabi/libdl-2.3.6.so
usr/oabi/libblkid.so.1.0
usr/oabi/libpthread.so.0
usr/oabi/libpthread-0.10.so
usr/oabi/libe2p.so.2
usr/oabi/mkfs.ext3
usr/oabi/libext2fs.so.2
usr/oabi/libe2p.so.2.3
usr/oabi/libsepol.so.1
usr/oabi/libc-2.3.6.so
usr/oabi/ld-linux.so.2
usr/oabi/libdl.so.2
usr/oabi/libc.so.6


展開が済んで、いよいよ背面のresetスイッチを長押し。
ピっという音のあと、オレンジ色のLEDが点滅を始めます。
コンソールには何も変化なし。

私は80GBのHDDで試していますが、時間にして約10分弱。
オレンジの点滅が消えたのを確認し、

/mnt/mtd # reboot


と入力。
玄箱は再起動処理を始めます。
コンソールは一旦閉じ、玄箱が起動した頃を見計らって今度はsshでログイン。

初期状態では192.168.1.81/255.255.255.0になっているので、SSHクライアントで192.168.1.81にアクセスして設定屋なんかを換えてください。


とsushi-kさんも書かれていますので注意が必要です。

ユーザー名:root
パスワード:kuroadmin


で接続すると、

Last login: Fri Mar 9 16:42:48 2007 from localhost.localdomain
Linux kurobox 2.6.12.6-mda1 #2 Sun Apr 22 16:16:39 JST 2007 armv5tejl

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
kurobox:~#


と出ました。
Debian化には成功しているようです。

さて、しかしこのままでは電源ボタンもファンコントロールも効きません。
とりあえずてっとり早く何とかしたいので、エレキジャックさんの記事を試してみます。

kurobox:~# mount -t jffs2 /dev/mtd2 /mtd
mount: mount point /mtd does not exist
kurobox:~# mkdir /mtd
kurobox:~# mount -t jffs2 /dev/mtd2 /mtd
kurobox:~# cd /mtd
kurobox:/mtd# tar czvf /home/mtd2-bkup.tar.gz *
bin/
bin/dd
bin/cp
bin/df
bin/ip
bin/ln
bin/ls
bin/mt
bin/mv
bin/ps
 ・
 ・
(中略)
 ・
 ・
www/img/kuro.gif
www/index.html
kurobox:/mtd# cd /
kurobox:/# umount /mtd
kurobox:/# cd /home
kurobox:/home# mkdir mtd2
kurobox:/home# cd mtd2
kurobox:/home/mtd2# tar xzf ../mtd2-bkup.tar.gz
kurobox:/home/mtd2# mkdir /usr/local/kurobox
kurobox:/home/mtd2# mkdir /usr/local/kurobox/bin
kurobox:/home/mtd2# mkdir /usr/local/kurobox/lib
kurobox:/home/mtd2# cp -p /home/mtd2/lib/ld-2.3.6.so /usr/local/kurobox/lib
kurobox:/home/mtd2# ln -s /usr/local/kurobox/lib/ld-2.3.6.so /lib/ld-linux.so.3
kurobox:/home/mtd2# cd /home/mtd2/lib
kurobox:/home/mtd2/lib# cp -p ld-2.3.6.so libc-2.3.6.so \ _ _ \ \ \ libgcc_s.so.1 /usr/local/kurobox/l ib/
kurobox:/home/mtd2/lib# ln -s libc-2.3.6.so /usr/local/kurobox/lib/libc.so.6
kurobox:/home/mtd2/lib# ln -s /usr/local/kurobox/lib/ld-linux.so.3
ln: creating symbolic link `./ld-linux.so.3' to `/usr/local/kurobox/lib/ld-linux.so.3': File exists
kurobox:/home/mtd2/lib# cp /home/mtd2/usr/local/lib/lib* /usr/local/kurobox/lib/
kurobox:/home/mtd2/lib# cd /home/mtd2/usr/local/sbin
kurobox:/home/mtd2/usr/local/sbin# cp -p nvram miconapl /usr/local/kurobox/bin/


ここまで来てはたと「あ、sambaが入ってないんだ」と気づき、sambaを慌てて導入。

kurobox:~# apt-get update
kurobox:~# apt-get install samba


そしてsambaの設定。
使用者の作成と細かいあれこれ。

kurobox:~# nano /etc/samba/smb.conf


[homes]
comment = Home Directories
browseable = no
# By default, the home directories are exported read-only. Change next
# parameter to 'yes' if you want to be able to write to them.
writable = yes



kurobox:~# smbpasswd -a kurobox
New SMB password:(パスワード入力)
Retype new SMB password:(再度パスワード入力)
kurobox:~# /etc/init.d/samba restart


そしてmiconapl-nvram.tar.gzをsambaの共有スペース(/home/kurobox)にWindowsから転送し、

kurobox:/usr/local/sbin# tar xzf /home/kurobox/miconapl-nvram.tar.gz


さて、一応これで完了・・・のハズです。
エラー(というほどのものじゃないですけど)も一箇所出てましたから不安でいっぱいですが(笑)。

まずは確認の

kurobox:/usr/local/sbin# nvram -c printenv


すると

1: [baudrate=115200]
2: [loads_echo=0]
3: [rootpath=/nfs/arm]
4: [cpuName=926]
5: [CASset=min]
6: [MALLOC_len=4]
7: [bootargs_end=:::DB88FXX81:eth0:none]
8: [ethact=egiga0]
9: [ethaddr=00:16:01:A4:D5:55]
10: [buffalo_ver=BOOTVER=1.091]
11: [build_time=18:10:02]
12: [nand_uImage_offset=20000]
13: [def_tftp=tftp $(default_kernel_addr) $(kernel); tftp $(default_initrd_addr) $(initrd); setenv bootargs $(bootargs_base) $(bootargs_root) rw initrd=0x02000040,20M panic=5 $(buffalo_ver); bootm $(default_kernel_addr) $(default_initrd_addr)]
14: [kernel=uImage.buffalo]
15: [initrd=initrd.buffalo]
16: [filesize=1a7fa4]
17: [fileaddr=0]
18: [ipaddr=192.168.1.9]
19: [serverip=192.168.1.25]
20: [default_initrd_addr=0x02000000]
21: [uImage_block=0]
22: [uImage_offset=0x00020000]
23: [stdin=serial]
24: [stdout=serial]
25: [stderr=serial]
26: [enaMonExt=no]
27: [enaFlashBuf=yes]
28: [enaCpuStream=no]
29: [ethprime=egiga0]
30: [bootdelay=3]
31: [disaMvPnp=no]
32: [overEthAddr=no]
33: [usb0Mode=host]
34: [usb1Mode=host]
35: [default_kernel_addr=0x00100000]
36: [bootargs_base=console=ttyS0,115200]
37: [bootargs_root=root=/dev/sda2 rw panic=5]
38: [bootargs=console=ttyS0,115200 root=/dev/sda2 rw panic=5 BOOTVER=1.09]
39: [bootcmd=ide reset; ext2load ide 0:1 $(default_kernel_addr) /$(kernel); bootm $(default_kernel_addr)]
40: [nand_boot=no]


おぉ、出た出た(笑)。
お次は

kurobox:/usr/local/sbin# miconapl -b -a bz_on button


これも鳴った!

kurobox:/usr/local/sbin# miconapl -b -a temp_get


と入力すれば

#[miconapl.temp_get]
temp=37


いいですね。順調です。
どうやら問題ないみたいです。
残る手順をやっつけてしまいましょう。

kurobox:/usr/local/sbin# cd /tmp
kurobox:/tmp# tar xzvf /home/kurobox/daemon.tar.gz
Fand
Keventd
fan.prof
rc.local
kurobox:/tmp# cp Fand Keventd /usr/local/sbin/
kurobox:/tmp# cp fan.prof /usr/local/etc/
kurobox:/tmp# cp rc.local /etc/


これで電源ボタンとファンの制御の設定終了です。
では電源ボタンを3秒ほど押してみましょう。

Broadcast message from root@kurobox (Mon Jul 16 01:15:50 2007):

The system is going down for system halt NOW!


ピっと音がなってこの表示。
よっしゃ、ひとまず完成です。


・・・・・・・あれ?(笑)

コンソールは勝手に閉じられたのですが・・本体の電源が待てど暮らせど落ちません(笑)。

次回はそこを考察してみます。
スポンサーサイト
別窓 | memo:Debian化 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<sushi-kさんのDebian化をtelnetでやってみよう(2) | 玄箱Pro、直します。 | 起動手順の研究(1)>>

この記事のコメント

突然すみません。
玄箱Proを購入しDebian化をしようと、このページを参考にさせていただいているのですが、sambaを導入した状態でコンピュータ検索で出てくるkuroboxに入ろうとしても。「アクセスが拒否されました」となるのですが、これはどうしたらいいのでしょうか…
2008-05-25 Sun 15:12 | URL | Rock #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 玄箱Pro、直します。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。