玄箱Pro、直します。

超初心者が、玄箱PROでLinuxを勉強する無謀なブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

lddが使えない(2)

直りました。
いや、直したというと語弊があるなぁ。

sushi-kさんのDebian化キットを使ってDebian化した際に使えたlddをそのまま持ってきてみました。
もちろん、Windowsのエディタ(秀丸エディタ)経由でしたので、改行コードもLFとし、

RTLDLIST=/lib/ld-linux.so.2


の部分は、

~ # ls -l /lib | grep ld-linux
lrwxrwxrwx 1 root root 11 Apr 10 22:45 ld-linux.so.3 -> ld-2.3.6.so


とのことなので、

RTLDLIST=/lib/ld-linux.so.3


と変え、

~ # chmod 755 /usr/bin/ldd
~ # chown root:root /usr/bin/ldd


としたら

~ # ldd /bin/ls
libcrypt.so.1 => /lib/libcrypt.so.1 (0x40020000)
libm.so.6 => /lib/libm.so.6 (0x40055000)
libgcc_s.so.1 => /lib/libgcc_s.so.1 (0x40106000)
libc.so.6 => /lib/libc.so.6 (0x40117000)
/lib/ld-linux.so.3 (0x40000000)


と動きました。
この機会にシェルスクリプトの勉強も始めたばかりで、まだまだ原因はよくわかっていません。
二つのlddを比べて、違う箇所は

NG
(空白)

OK
34:filename_magic_regex="((^|/)lib|.so$)"
-------------------------------------------
NG
151: test -x "$file" || echo 'ldd:' $"\
152:warning: you do not have execution permission for" "\`$file'" >&2

OK
152: if test ! -x "$file" && eval echo "$file" \
153: | egrep -v "$filename_magic_regex" > /dev/null; then
154: echo 'ldd:' $"warning: you do not have execution permission for"\
155: "\`$file'" >&2
156: fi
-------------------------------------------
NG
174: try_trace "$file"

OK
178: if [ ! -x "$file" ] && eval file -L "$file" 2>/dev/null \
179: | sed 10q | egrep "$file_magic_regex" > /dev/null; then
180: try_trace "${RTLD}" "$file"
181: else
182: try_trace "$file"
183: fi


の3か所でした。行先頭の番号はエディタで開いたときの行番号です。
一生懸命解読してますが、なにぶん先ほど文法などに目を通したばかりなもので(笑)。
スポンサーサイト
別窓 | 日記のようなもの | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<lddが使えない(3) | 玄箱Pro、直します。 | lddが使えない>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 玄箱Pro、直します。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。